乳酸期革命 副作用

乳酸菌革命に下痢などの副作用があるのか?

乳酸菌革命は便秘やニキビなど腸内環境を整えて改善できると人気がありますが、下痢になるなど副作用が出ることはないのでしょうか?
効果はあっても副作用があっては意味がないですから気になるところですよね。
そこで、乳酸菌革命の成分や副作用について色々と調べてみました。

 

>>乳酸菌革命を特典付きで最安値で購入したい人はこちら

 


乳酸菌革命には基本的に副作用が出る心配はない!

 

乳酸菌革命は、基本的には副作用が出るということはありません
医薬品ではなくサプリメントで食品で健康補助食品ですから普通の食品と位置づけは変わらないのです。
乳酸菌はそもそも天然物ですし、化学性の添加物も使用していませんので安心です。

 

薬のように飲むタイミングや飲み合わせを気にする必要もないのです。
ですから、副作用を心配する必要はないのです。

 

便秘の改善についても、乳酸菌革命は善玉菌を増やして元気にすることで腸の動きを活発にして便秘解消をしていきます。
一方で医薬品の便秘薬は強制的に腸の動きを働かせようとします。
これだけ見ても、乳酸菌革命は自然のチカラで効果がでるようにしており、副作用の心配がないのがわかります。

 

以上のことからも、乳酸菌革命は基本的に副作用の心配はありません。

 

ただし、注意するべき人もいます。
それがアレルギーや他のサプリとの併用です。
乳酸菌革命は食品ですから、通常の食品のアレルギーを持ってる人は副作用が出る可能性があります。

 

 

乳酸菌革命を飲んで下痢になる副作用はある?

 

乳酸菌革命を飲んでいて、下痢になったという口コミを見ることがたまにあります。
これについては、腸内環境が悪化してしまったのではないかと思いますが違います。
これは、サプリメントの副作用ではなく、乳酸菌の作用による腸内環境の良化で起こるのです。

 

乳酸菌革命の乳酸により腸内で善玉菌が急激に増加して、腸内環境が突然整えられるので、一時的に副作用のように下痢や腹痛などが起こる場合があるのです。
これは、腸内環境が落ち着くにつれて、治まってくるので心配する必要はありません。

 

ただし、このようなことが起こることはほとんどありません。
リピート率が85%以上ということからもそれがわかりますよね。
下痢や腹痛が起こっていたらもう一回買いたいなんて思わないでしょうから。

 

乳酸菌革命の成分は副作用が出る可能性があるのか?

 

  • 大豆アレルギー
  • セラチンアレルギー
  • パントテン酸サプリとの併用

 

大豆アレルギー

乳酸菌革命は配合する乳酸菌を大豆を原料にした床で成長・増殖させているので、大豆にアレルギーがある場合はやめた方がいいでしょう。
ただ、成分に大豆を使ってるわけではないので、大豆アレルギーの人が実際に副作用があったという報告はありません
万が一ということもありますので、注意が必要なのです。

 

ゼラチンアレルギー

乳酸菌革命のカプセルはゼラチンによって作られているので、ゼラチンアレルギーを持っている人も避けた方が良いでしょう。
成分にゼラチンが使用されてますから、避けた方がいいのです。

 

パントテン酸サプリとの併用

ニキビなどにパントテン酸サプリは効果があるとされ使っている人もいると思います。
しかし、乳酸菌革命との併用はやめておきましょう。
口コミなど見ていると、肌質が改善どころか悪化したという話もありますので注意が必要です。
ニキビ改善のために飲んでいる時は、どちらかだけを飲むといいですね。

 

このようにアレルギーやパントテン酸サプリとの併用は注意が必要です。

 

 

実際に電話して確認したところ、販売者ではアレルゲンは大豆だけという回答をもらいました。
ゼラチンについては、ゼラチン自体は含まれていないということです。
ですから、大豆アレルギーは気を付ける必要がありますが、ゼラチンは必要以上に心配する必要はありませんが、注意はしておきましょう。

 

リピート率が85%以上
60万袋以上売れていますから、副作用は必要以上に心配することもないと思いますよ。
私も飲んでいますが、下痢になったことはありませんしアレルギーだけ気を付ければいいでしょう。

 

>>乳酸菌革命を特典付きで最安値で購入したい人はこちら